RHEL/CentOS8でNetworkManagerを使用してネットワークを管理する方法

RHELおよびCentOS8では、ネットワークサービスはNetworkManagerデーモンによって管理され、ネットワークデバイスを動的に設定および制御し、接続が利用可能になったときに接続をアクティブに保つために使用されます。

NetworkManagerは、コマンドラインインターフェイスとグラフィカルユーザーインターフェースツールの両方を使用して簡単なネットワーク設定と管理のサポートなど、多

また、NetworkManagerは、ファイル、およびコックピットwebコンソールを使用して設定することができ、それは接続状態に基づいて他のサービスを開始または停止す

また読む: “Nmcli”ツールを使用してネットワーク接続を設定および管理する方法

さらに進む前に、CentOS/RHEL8のネットワークについて注意すべき他の重要な点を以下に示します。

  • 従来のifcfgタイプの設定(例。 ifcfg-eth0,ifcfg-enp0s3)ファイルは引き続きサポートされています。
  • ネットワークスクリプトは非推奨であり、デフォルトでは提供されなくなりました。
  • 最小限のインストールでは、nmcliツールを介してNetworkManagerを呼び出すifupおよびifdownスクリプトの新しいバージョンが提供されます。
  • ifupおよびifdownスクリプトを実行するには、NetworkManagerが実行されている必要があります。

Centos/RHEL8へのNetworkManagerのインストール

NetworkManagerはcentos/RHEL8basicインストールにプリインストールされている必要があります。

# dnf install NetworkManager
CentOS8にネットワークマネージャをインストール
CentOS8にネットワークマネージャをインストール

NetworkManagerのグロー/etc/networkmanager/networkmanagerで。confおよび追加の設定ファイルは/etc/NetworkManager/にあります。

NetworkManager設定ファイル
NetworkManager設定ファイル

CentOS/RHEL8のSystemctlを使用してNetworkManagerを管理する

CentOS/RHEL8の

systemd(system and service manager)を採用しており、サービスはsystemctlツールを使用して管理されています。

NetworkManagerサービスを管理するための便利なsystemctlコマンドを次に示します。

NetworkManagerのステータスの確認

CentOS/RHEL8の最小限のインストールでは、デフォルトでNetworkManagerが起動され、起動時に自動的に起動するように有効になっています。 次のコマンドを使用して、NetworkManagerがアクティブかどうか、有効かどうかを確認し、NetworkManagerのランタイムステータス情報を出力できます。

# systemctl is-active NetworkManager# systemctl is-enabled NetworkManager# systemctl status NetworkManager 
NetworkManagerサービスをチェック
NetworkManagerサービスをチェック

Networkmanagerを起動

NetworkManagerが実行されていない、あなたは単に実行することでそれを開始することができます。

# systemctl start NetworkManager

Stoping NetworkManager

何らかの理由でNetworkManagerを停止または無効にするには、次のコマンドを発行します。

# systemctl stop NetworkManager

Networkmanagerの再起動

インターフェイス設定ファイルまたはNetworkManagerデーモンの設定(通常は/etc/NetworkManager/ディレクトリの下にあります)に変更を加えた場合、NetworkManagerを再起動(停止してから起動)して、次のように変更を適用することができます。

# systemctl restart NetworkManager

Networkmanagerのリロード

サービスを再起動せずにNetworkManagerデーモンの設定をリロードするには(systemdのユニット設定ファイルではなく)、次のコマンドを実行します。

# systemctl reload NetworkManager

NetworkManagerツールの使用とifcfgファイルの操作

NetworkManagerは、ユーザーがそれと対話するためのいくつかのツールをサポートしています。

  1. nmcli–ネットワーキング
  2. nmtui–単純なcursesベースのテキストユーザーインターフェイスで、newtworkインターフェイス接続の設定と管理にも使用されます。
  3. その他のツールには、nm-connection-editor、control-center、およびネットワーク接続アイコン(すべてGUIの下)があります。NetworkManagerによって検出されたデバイスを一覧表示するには、nmcliコマンドを実行します。
     # nmcli device OR# nmcli device status
    NetworkManagerによって検出されたデバイスを一覧表示
    NetworkManagerによって検出されたデバイスを一覧表示

    -aがない場合、使用可能な接続プロファイルが一覧表示されることに注意してください)。P>

    # nmcli connection show -a
    アクティブなネットワーク接続を表示
    アクティブなネットワーク接続を表示

    CentOS/RHEL8ネットワークインタフェース固有の設定ファイルは、/etc/sysconfig/network-scripts/ディレクトリにあります。 たとえば、これらのファイルを編集して、CentOS/RHEL8サーバーの静的IPアドレスを設定できます。

    # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-enp0s3

    静的IPアドレスを設定するための設定例を次に示します。

    TYPE=EthernetPROXY_METHOD=noneBROWSER_ONLY=noBOOTPROTO=noneDEFROUTE=yesIPV4_FAILURE_FATAL=noIPV6INIT=yesIPV6_AUTOCONF=yesIPV6_DEFROUTE=yesIPV6_FAILURE_FATAL=noIPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacyNAME=enp0s3UUID=e81c46b7-441a-4a63-b695-75d8fe633511DEVICE=enp0s3ONBOOT=yesIPADDR=192.168.0.110PREFIX=24GATEWAY=192.168.0.1DNS1=8.8.8.8PEERDNS=no
    ネットワークインターフェイスの設定を表示
    ネットワークインターフェイスの設定を表示

    変更を保存した後、すべての接続プロファイルをリロードするか、再起動する必要があります。適用する新しい変更のためのNetworkManager。

    # nmcli connection reloadOR# systemctl restart NetworkManager

    ネットワーク接続に基づくネットワークサービス/スクリプトの開始または停止

    NetworkManagerには、ユーザーがサービス(NFS、SMBなど)を実行できる便利なオプ)またはネットワーク接続に基づく簡単なスクリプト。

    たとえば、ネットワーク間の切り替え後にsshfs、SMB共有、またはNFS共有をマウントしてリモートディレクトリをローカルに自動的にマウントする場合。 このようなネットワークサービスは、NetworkManagerが起動して実行されるまで(すべての接続がアクティブになるまで)実行されないようにすることができます。

    この機能はNetworkManager-dispatcherサービスによって提供されます(システム起動時に自動的に起動するには、起動して有効にする必要があります)。 サービスが実行されたら、スクリプトを/etc/NetworkManager/dispatcherに追加できます。dディレクトリ。

    すべてのスクリプトは実行可能で書き込み可能であり、rootが所有している必要があります。

    # chown root:root /etc/NetworkManager/dispatcher.d/10-nfs-mount.sh# chmod 755 /etc/NetworkManager/dispatcher.d/10-nfs-mount.sh

    重要:ディスパッチャスクリプトは、接続時にはアルファベット順に実行され、切断時には逆のアルファベット順に実行されます。

    レガシーネットワークスクリプトの使用

    前述したように、ネットワークスクリプトはCentOS/RHEL8では廃止され、デフォルトではインストールされません。 それでもネットワークスクリプトを使用したい場合は、network-scriptsパッケージをインストールする必要があります。

    # yum install network-scripts

    インストールされると、このパッケージは、上で見たnmcliツールを介してNetworkManagerを呼び出すifupおよびifdownスクリプトの新しいバージョンを提供します。 これらのスクリプトを実行するには、NetworkManagerが実行されている必要があります。

    詳細については、systemctlおよびNetworkManagerのマニュアルページを参照してください。p>

    # man systemctl# man NetworkManager

    この記事で準備したのはこれだけです。 あなたは、ポイントのいずれかの明確化を求めるか、質問をしたり、以下のフィードバックフォームを介して、このガイドに任意の追加を行うことがで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。