Levetiracetam

適量および管理
KEPPRAは大人および子供の部分的な手始めの捕捉のadjunctive処置としておよび癲癇とのより古い4歳示されます。

ケプラは、若年性ミオクローナルてんかんを有する成人および青年12歳以上のミオクローナル発作の治療における補助療法として示される。

KEPPRAは、特発性全般性てんかんを有する成人および6歳以上の小児における一次性全般性強直間代発作の治療における補助療法として示される。

部分発症発作
成人16歳以上
臨床試験では、1日2回投与として1000mg、2000mg、および3000mgの1日用量が有効であることが示された。 いくつかの研究では、より高い用量でより大きな応答に向かう傾向があったが、用量の増加に伴う応答の一貫した増加は示されていない。

治療は、1日2回投与(500mg BID)として与えられる1000mg/日の1日用量で開始されるべきである。 付加的な投薬の増分は3000mgの最高の推薦された毎日の線量に(2週毎に付加的な1000のmg/day)与えられるかもしれません。 3000mg/日以上の用量は、6ヶ月以上の期間のオープンラベル研究で使用されています。 3000mg/日より大きい線量が付加的な利点を与えるという証拠がありません。

小児患者は4歳から<16歳
治療は、20mg/kgの日用量を2分割用量(10mg/kg BID)で開始する必要があります。 毎日の線量は2週毎に20mg/kgの増分によって60mg/kg(30mg/kg BID)の推薦された毎日の線量に増加するべきです。 患者が60mg/kgの毎日の線量を容認できなければ毎日の線量は減るかもしれません。 臨床試験では、平均一日用量は52mg/kgであった。 体重</=20kgの患者には経口溶液を投与する必要があります。 体重が20kgを超える患者には、錠剤または経口溶液のいずれかを投与することができる。 以下の表1 5は、6 0mg/kg/日への滴定の間の重量に基づく錠剤投与のための指針を提供する。 錠剤全体のみを投与すべきである。

ケプラは、食物の有無にかかわらず経口的に与えられる。p>

表15: 子供のためのケプラタブレット重量ベースの投与ガイド

毎日の投与量
患者の体重 20mg/kg/日
(BID投薬)
40mg/kg/日
(BID投薬)
60mg/kg/日
(BID投薬)
20.1-40kg 500mg/日
(1x250mg
タブレットBID)
1000mg/日
(1x500mg
タブレットBID)
1500mg/日
(1x750mg
タブレットBID)
>
>
>
>
>1000mg/日(1x500mg
錠剤bid)
2000mg/日(2x500mg
錠剤bid)
3000mg/日(2x750mg
錠剤bid)

次の計算が20mg/kg/day、40mg/kg/dayまたは60mg/kg/dayの毎日の線量に基づいて小児科の患者のための口頭解決の適切な毎日の線量を定めるのに使用されるべ:1日量(mg/kg/日)x患者の体重(kg)

1日量(mg/kg/日)x患者の体重(kg) 1日量(mg/kg/日)x患者の体重(kg) 1日量(mg/kg/日)x患者の体重(kg) – – – – – – – – – – – – – – — – – – 100mg/mL

家庭用ティースプーンまたは大さじは適切な測定装置ではありません。 校正された測定装置を入手して使用することをお勧めします。 医療提供者は、処方された用量を正確に測定して送達することができる装置を推奨し、用量を測定するための指示を提供するべきである。

若年性ミオクローナルてんかんを有する12歳以上の患者におけるミオクローナル発作
治療は、1日二回投与(500mg BID)として与えられた1000mg/日の用量で開始されるべきである。 適量は1000mg/dayによって2週毎に3000mgの推薦された毎日の線量に高められるべきです。 3000mg/日未満の用量の有効性は研究されていない。

一次全身強直間代性発作
成人16歳以上
治療は、1日2回投与(500mg BID)として与えられた1000mg/日の用量で開始されるべきである。 適量は1000mg/dayによって2週毎に3000mgの推薦された毎日の線量に高められるべきです。 3000mg/日未満の用量の有効性は十分に研究されていない。

小児患者は6歳から<16歳
治療は、20mg/kgの日用量を2分割用量(10mg/kg BID)で開始する必要があります。 毎日の線量は2週毎に20mg/kgの増分によって60mg/kg(30mg/kg BID)の推薦された毎日の線量に増加するべきです。 60mg/kg/日より低い用量の有効性は十分に研究されていない。 体重</=20kgの患者には経口溶液を投与する必要があります。 体重が20kgを超える患者には、錠剤または経口溶液のいずれかを投与することができる。 錠剤全体のみを投与すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。