Hot Tuna

Hot Tunaはジェファーソン-エアプレーンのサイドプロジェクトとして始まり、グレース-スリックが喉の結節手術から回復した間に時間をマークすることを意図していた。 バンドの名前は、曲”Keep On Truckin'”から”What’s that smell like fish,oh baby”という行を聞いた後、”hot tuna”と呼ばれるJorma Kaukonenが”witty wag”と呼んだことに由来しています。”カウコネン、ジャック-カサディ、ポール-カントナー、新しいドラマーのジョーイ-コビントンは、ジェファーソン-エアプレーンがボランティアを支援するために演奏を再開する前に、飛行機のオリジナル-クラブ、マトリックスを含むサンフランシスコ周辺でいくつかのショーを演奏した。 (コビントンはジェファーソン-エアプレーンに雇われていたが、スペンサー-ドライデンが1970年に解雇されるまでバンドの主要ドラマーとして演奏を続けた。 飛行機がツアーを再開した後、マグロは飛行機のために開いていることがわかりました。 彼らの初期のレパートリーは主にカウコネンの飛行機の素材から派生し、牧師ゲイリー-デイヴィス、ゼリー-ロール-モートン、ボー-カーター、ブラインド-ブレイクなどのアメリカのカントリーやブルースのアーティストのカバー。

1969年、カウコネンとカサディはカリフォルニア州バークレーのニューオーリンズ-ハウスでのアコースティック-ベースのコンサートのためにモニカを採用し、1970年にバンドの名を冠したデビュー-アルバムとしてリリースされた。 このアルバムは、”Uncle Sam Blues”のレコーディング中にビールグラスを壊す音のために、グループのファンによって”breaking glass album”として愛情を込めて知られるようになった。”

その夏、RCAはバンドが次のアルバムを録音するためにジャマイカに行くために支払ったが、Balin(その後すぐに両方のバンドを去った)とKaukonenとCasadyとの間の財政上の紛争のために、アルバムは完成しなかった。 バイオリニストのパパ-ジョン-クリーチは、1970年にホット-ツナとジェファーソン-エアプレインに加入した。 両バンドは1970年11月にフィルモア・イースト・ショーとの合同ツアーを終えた。

1970年、カウコネンとカサディはペパーランド(カリフォルニア州サンラファエルの大規模なダンスホール)でホット-ツナ-ウィズアウト-ジェファーソン-エアプレインとして二つのアコースティック-ベースのショーを行い、良い評価を受け、ホット-ツナは他のバンドがそれをサポートすることなく生き残ることができることを意味した。

フィルモア–イースト–ショーの後、ジェファーソン-エアプレインが巻かれ、定期的にツアーを停止したため(1971年の夏と1972年の冬にはコンサートの一握りのために保存)、ホット-ツナはカウコネン、カサディ、ドラマーのサミー-ピアッツァ、クリーチからなる独立したグループとなり、エレクトリック-バンド-フォーマットに完全に移行した。 このラインナップは、最初にアルバム”First Pull Up,Then Pull Down”(1971年)に記録され、カリフォルニア州サンタクルーズ山脈のロスガトス近くにある無名のクラブ”Chateau Liberte”でライブ録音された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。