Bookshelf

ミエリン化は系統発生の順序に従います

神経系が成熟するにつれて、PNSの部分が最初にミエリン化され、次に脊髄と脳が最後になります。 神経系のすべての部分には、髄質化しない多くの小さな繊維があります。 脳内でさえ、異なる領域は異なる速度で髄鞘化し、皮質内関連領域は最後に髄鞘化する。 ヒトでは、運動根は第五の胎児の月に髄鞘化し始め、脳は人生の二年目の終わりまでにほぼ完全に髄鞘化される。神経系の経路が完全に機能する前に有髄化することは一般的に真実である。

神経系の経路が完全に機能する前に有髄化することは一般的に真実 関連する観察は、ラットおよび他の巣を作る動物のCNSが主に出生後に髄鞘化し、動物は出生時には非常に無力であるということである。 馬、牛、羊などの放牧動物は、出生時に中枢神経系にかなり多くのミエリンを有し、それに応じて出生直後にはるかに高いレベルの複雑な活動を有する。 髄鞘形成が機能のための神経系経路を調製する最終段階であるという仮説の魅力にもかかわらず、最大髄鞘形成の期間は神経系の他の多くの変化髄鞘形成がいつ始まるかを確認することは容易であるが、蓄積のプロセスがいつ停止するかを決定することは困難である。

髄鞘形成がいつ始 ラットでは、ミエリンはまだ1年の年齢を過ぎて脳に沈着しており、おそらくそれよりも長くなっています。 しかし、ラットは、その寿命のほとんどのために体の大きさと脳の重量で成長し続け、髄鞘形成のような長期の期間は、すべての種で発生しない可能性 ヒトでさえ、髄鞘形成は、少なくとも第二十年の終わりまで新皮質で継続する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。