Ableton Liveのサンプラーを最大限に活用する

広告

サンプラーは、ユーザーがサウンドをロードして録音し、それらを新しいものに再テキスト化できるようにすることにより、無数のジャンルの誕生を担当してきました。 幸いなことに、Ableton LiveはDAW内の2つの現代的なサンプリングデバイス、すなわちSimplerとSamplerを備えています。

このAbleton Liveチュートリアルでは、Liam O’Mullaneは、これらのデバイスにサウンドをロードし、MIDIコントローラでそれらを再生する方法を示しています。 リアムはまた、ルートノート、キーゾーン、ワンショットドラムヒット、友人とサンプラー楽器を共有する方法に加えて、歪みを適用し、音を変調し、封筒を利用して

毎週新しいエピソードのためにMusicTechのYouTubeチャンネルを購読してください。

  • ワープモードを理解する
  • オーディオクリップをMIDIにスライスする
  • ゲーティングとサイドチェイン
  • 補助エフェクトを理解する
  • クリエイティブなサイドチェイン
  • CPUを節約する
  • オーディオをMIDIに変換する
  • ドラムラックを使用する
  • オーディオのルートキーを見つける
  • リバーブとコンボリューションリバーブを理解する
  • アルペジエーター midiエフェクト
  • クリップエンベロープ
  • エコーとディレイを理解
広告

すでに内側と外側に住んで知っているが、他のdawを探 このコースと同様のパターンに従うロジックのヒントシリーズ、。

より多くの専門家のアドバイス、ヒント、インタビュー、ニュースやレビューの訪問のためMusicTech.net。毎週のDAWチュートリアル、新製品のニュースとはるかのために今MusicTech YouTubeチャンネルを購読してください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。