4.6:共有結合-共有電子対

学習目標

  • 共有結合を定義します。
  • はルイス電子ドット図を用いた共有結合形成を示している。

イオン結合は、1つの原子が1つ以上の電子を失い、別の原子が1つ以上の電子を得るのが容易な場合に一般的に発生します。 しかし、いくつかの原子は簡単に電子をあきらめたり獲得したりしません。 しかし、彼らはまだ化合物の形成に参加しています。 どう? 完全な原子価殻を得るための別のメカニズムがあります:電子を共有する。 電子が二つの原子の間で共有されているとき、彼らは共有結合と呼ばれる結合を作ります。化学者は、分子物質の共有結合を表すためにルイス図を頻繁に使用します。

化学者は、分子物質の共有結合を表すためにルイス図を使用しま 例えば、二つの別々の水素原子のルイス図は次のとおりである:

3。jpg

電子を共有する二つの水素原子のルイス図は次のようになります。

4。jpg

我々は、各H原子が完全に各原子の原子価殻を充填し、核の周りに二つの電子を持っていることを示すために円を使用することができます:

各H原子が満たされた原子価殻を持っているので、この結合は安定であり、我々は二原子水素分子を作った。 (これは、水素が二原子元素の一つである理由を説明しています。 簡単にするために、共有結合を2つのドットではなくダッシュで表すことは珍しいことではありません:

clipboard_e0f24726d1e53eb010f85c871b3492067。png

二つの原子が電子の一対を共有しているので、この共有結合は単結合と呼ばれています。 別の例として、フッ素を考えてみましょう。 F原子は原子価殻に7つの電子を持っています:

これら2つの原子は、H原子と同じことをすることができます。p>

各F原子はその周りに完全なオクテットを持っていることに注意してください。

共有電子対を表すためにダッシュを使ってこれを書くこともできます:フッ素二原子分子には二つの異なるタイプの電子があります。

フッ素二原子分子には二つの異なるタイプの電子があります。

結合電子対は共有結合を作る。 各F原子は、結合に関与しない電子の3つの他のペアを持っています;彼らは孤立電子対と呼ばれています。 それぞれのF原子は1つの結合対と3つの孤立電子対を持っています。共有結合は、同様に異なる要素の間で作ることができます。

一例はHFです。 各原子は、その原子価殻内の電子の奇数で始まります:2つの原子は不対電子を共有して共有結合を作ることができます:

imageedit_13_6835364572。jpg

この分子では、水素原子は非結合電子を持たず、フッ素原子は六つの非結合電子(三つの孤立電子対)を有する。 円は、原子価電子殻が両方の原子に対してどのように満たされているかを示している。例\(\PageIndex{1}\):

Hbrの共有結合形成を説明するためにルイス電子ドット図を使用します。

例\(\PageIndex{1}\):

例\(\PageIndex{1}\):

例\P>

二つの原子は、それらの不対電子を共有することができます:

演習\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N\N(\pageindex{1}\)

cl2の共有結合形成を説明するためにルイス電子ドット図を使用します。回答:

共有結合構造を使って作業すると、電子が残っているように見えることがあります。 あなたはこれまでに学んだルールを適用し、まだ接続されていないそこにぶら下がっているいくつかの電子があります。 彼らをそこに置いてはいけません。 だからどこに置くのですか?

複数の共有結合

電子のペアの共有は、通常は単に単結合と呼ばれる単一の共有結合を表します。

複数の共有結合

しかし、多くの分子では、原子はそれらの間に複数の電子対を共有することによって完全なオクテットを達成する:

  • 二つの電子対は、二重結合を共有

clipboard_e579f46c279da549e95652d06fe2d710a。3つの電子対は三重結合を共有しました

clipboard_effde71bab5ca8b2a0dcd27e46e0fa2b1。png

各窒素には5つの価電子が含まれているため、それぞれが価電子オクテットを達成するためには3対を共有する必要があります。 N2は、2つの窒素原子間の強い三重結合のために、かなり不活性である。

概要

  • 共有結合は、原子が電子を共有するときに形成されます。
  • ルイス電子ドット図は、共有結合形成を説明するために描くことができます。いくつかの分子の結合を適切に説明するためには、原子間の二重結合または三重結合が必要な場合があります。
  • 原子間の二重結合または三重結合

貢献者と帰属

  • シャロン*ビーウィック、リチャード*パーソンズ、テレーズ*フォーサイス、ションナ*ロビンソン、ジャン*デュポンによるCK-12財団。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。