高イオン化プラズマ中の荷電粒子運動

高イオン化プラズマ中を移動する非相対論的粒子のエネルギー損失率を計算するために、次元継続を利用した最近導入された方法が採用されている。 この粒子の電荷、質量、または速度に制限はありません。 しかし、無次元プラズマ結合パラメータg=e2kd/4ntが小さいという意味で、プラズマは強く結合されていないと仮定されており、kDはプラズマのデバイwaveである。 この結合では、dE/dxは一般的な形式g2lnです。 対数の前の正確な数値係数はよく知られています。 任意の粒子速度に対して対数の下で定数Cを正確に計算した。 我々の正確な結果は文献で与えられた近似とは異なる。 その差は、慣性閉じ込め核融合実験に関連する場合については20%の範囲にある。 同じ方法を用いて,プラズマ中を移動する発射体の運動量損失率と,異なる温度で二つのプラズマが熱平衡になる速度を計算した。 ここでも、これらの計算は上記の順序で正確に行われます。 エネルギーと運動量の損失率は,プラズマ中の粒子運動を記述するFokker–Planck方程式を一意的に定義する。 このようにして決定された係数は、明確に定義され、任意のパラメータやカットオフを含まず、記述された順序に正確です。 このFokker-Planck方程式は,共通の初期速度と位置を持つ粒子群の長手方向の位置における広がりと粒子のビームの横方向の拡散を記述する。 我々の研究はモデルを伴わず、むしろ明確に定義された摂動理論における主要な項の正確に定義された評価であることを強調すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。