長期的な有酸素運動は、寿命を通じてより大きな筋力と関連しています

老化は、筋力、筋肉量、および有酸素能力の漸進的な低下と関連しており、高齢者の運動性を低下させ、生活の質を損ないます。 練習は一般にすべての年齢の個人の筋肉機能を改善するために用いられます; 但し、慢性の有酸素運動は主として筋肉固まりおよび強さに対する最低の効果の心血管機能そして酸化新陳代謝に、影響を与えると信じられます。 筋力に及ぼす長期有酸素運動の影響を研究するために、我々は74座りがちな(SED)または高度に好気的にアクティブ(ACT)男性と女性を募集し、三つの異なる年齢層(若い:20-39歳、ミドル:40-64歳、および古い:65-86歳)とその好気性能力、等尺性グリップと膝伸筋強さ、および動的1繰り返し最大膝伸展をテストした。 予想されるように、ACT被験者は、SED被験者と比較して、より大きな最大酸素摂取量およびピーク好気性パワー出力を有していた(p<。05). 体重に対する握力は年齢とともに減少した(p<。05)と両手のSED被験者と比較してACTが大きかった(p<。05). 同様に、相対的な最大等尺性膝伸展トルクは年齢とともに減少した(p<。05)であり、両足のSED個体に対してACTが高かった(p<。05). 絶対的および相対的な1反復最大膝伸展は、年齢とともに減少した(p<。05)とSEDグループに対してACTで大きかった(p<。05). 膝伸筋強度は、ACT被験者における脚の除脂肪量のより多くの量と関連していた(p<。05). 要約すると、長期的な有酸素運動は、その心臓呼吸および代謝の利点に加えて、筋力の年齢に関連した減少を減衰させるようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。