質問#10540への回答”専門家に尋ねる”に提出

あなたは間違いなく44mSvの有効用量を受け取っていませんでした。 放射線量の単位と量は混乱しています。 シートベルトを締めて、私はあなたのためにこれを整理しながら。

単位mGyは吸収線量の量に使用されます。 吸収線量は、物体が吸収する放射線からのエネルギーの濃度である。 いくつかのタイプの放射線は、吸収されたエネルギー濃度、すなわち吸収線量が同じであっても、他のタイプの放射線よりも生物学的リスクを引き起こ 例えば、α粒子照射によるリスクは、x線の20倍である。 これを説明するために、各タイプの放射線には危険因子(放射線重み付け因子と呼ばれる)が割り当てられます。 吸収線量に放射線重み付け係数を掛けた場合、新しい量は等価線量と呼ばれます。 等価線量の単位はmSVである。 X線の放射線重み付け係数は1であるため、CTスキャンでは、mGyの吸収線量はmSvの等価線量に等しくなります。

私と一緒にいてください–私たちはほとんどそこにいます。

同じ放射線量が全身全体にわたって均一に受信される場合、これらの量は正常に動作します。

同じ放射線量が全身に均一に受信される場合、こ しかし、画像診断では、これはまれです。 だから、体の一部だけが放射線量を受けることを考慮する必要があります。 問題をより困難にするために、異なる臓器や組織が放射線に異なる反応を示します。 これを説明するために、臓器および組織には、それらの放射線リスクに基づいて組織重み付け係数(放射線重み付け係数と同様)が割り当てられている。 等価線量に組織重み付け係数を掛けると、有効線量が得られます。 有効線量について素晴らしいのは、2つの完全に異なる手順が同じ有効線量をもたらす場合、放射線リスクは同じであるということです。 言い換えれば、それは私たちにリンゴとリンゴの比較を与えます。 残念ながら、私の給与等級の上の誰かが、有効用量の単位があるべきであると決めました。

残念ながら、私の給与等級の上の誰かが、有効用量の単位 . . mSv。 その結果、異なる数量に対して同じ単位が得られます。 そして、これらの量は、全身が均一に放射線にさらされているときにのみ等しくなることができます。 あなたが提供したデータに基づいて、あなたの頭は44mGyの吸収線量を受け、x線は1の放射線重み付け係数を持っているので、44mSvの等価線量を受けま 神経細胞や脳への放射線リスクは他の組織と比較して比較的低く、頭蓋骨は体内のすべての骨のごく一部であるため、組織の重み付け係数は低い。 したがって、あなたの有効用量は44mSvよりもはるかに少なく、あなたが知っているように、頭部CTスキャンの典型的な1-2mSvの範囲にあった可能性が

リスクについては、健康物理学会の位置声明では、視点での放射線リスクは、”すべてのソースからの背景上の約100mSvのレベル以下では、人々の観測された放射線影響は統計的にゼロと異ならない”と述べている。”言い換えれば、リスクは、それが存在する場合、見られるには小さすぎます。私はこの医学的曝露があなたに利益がないわけではないことを言及しないことを怠っているでしょう。

これらの手順は、彼らがあなたの病状の診断と治療に使用することができる情報をあなたとあなたの医師(複数可)を提供しました。

ケント*ランバート、CHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。