膀胱ムスカリン受容体サブタイプに対する妊娠および収縮活性の影響

ウサギの膀胱では、妊娠および長期の膀胱収縮は、ムスカリン受容体の密度および収縮応答の両方を減少させるが、新生児はムスカリン収縮応答の増強を示す。 M(2)受容体は、ウサギの膀胱で優勢であるが、我々と他の人は、ムスカリンアゴニスト誘発収縮の阻害のためのサブタイプ選択的ムスカリン拮抗薬のシリー 胎児ウサギ、gravidウサギ、および誘導された自発収縮の4時間にさらされた男性ウサギからぼうこうは、受容体密度と収縮性の変化は、M(2)またはM(3)ムスカリン受容体サブタイプのいずれかの選択的減少によるものであるかどうかを決定するために使用された。 臓器特異性を決定するために、心臓および子宮も研究された。 妊娠3週間のグラビッドウサギとその胎児ウサギを研究した。 雄ウサギでは、膀胱収縮は、その基部にカテーテル陰茎を結紮することによって4時間誘導された。 ムスカリン受容体密度とサブタイプ分布は放射性リガンド結合と免疫沈降によって決定された。 受容体密度は、重力膀胱体で24%低く、重力膀胱ベースで変わらず、重力子宮で54%低く、胎児ぼうこうで115%高く、誘導された膀胱収縮後に34%低かった。 免疫沈降は、m(l)とM(4)受容体が検出できなかったのに対し、研究されたすべての組織でm(3)よりも大きなM(2)受容体を示した。 M(2)M(3)受容体の大きい割合が男性対女性のぼうこうで発見されたことを除いて、任意の組織におけるm(3)受容体の比率のコントロールとの差は 重力、胎児、および実験排尿筋不安定性モデルにおけるコリン作動性刺激への収縮応答の変化は、総受容体密度の変化とだけではなく、膀胱平滑筋収縮を媒介するM(3)受容体サブタイプの変化に関連付けられています。 ニューロロール ウロディナム 18:511-520, 1999.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。