胆石と一緒に食べるのは何を避けるべきですか?

医師の反応

胆嚢は、食事中の脂肪性食品を分解するために体内で使用される消化酵素を貯蔵する器官です。 脂肪の多い食品で重い食事は、コレステロールと胆汁塩で作られた小さな石のような体である胆石につながる可能性があります。 胆石は非常に小さく始まり、徐々に大きくなり、最終的に胆嚢からの消化酵素の流れに問題を引き起こします。 それらが形成されると、それらを取り除く方法はほとんどありません。あなたが食事を食べると、胆嚢は収縮して消化酵素を腸に押し込みます。

あなたが食事を食べると、胆嚢は収縮して消化酵素を腸に押し込みます。

胆嚢に胆石がある場合、彼らはかなり痛い(胆嚢攻撃)することができ、収縮をブロックすることができます。 特定の種類の食品を避けることは、胆石の合併症の可能性を減らすことができます。胆石と診断された場合に避けるべき食品には、次のような脂肪の多い食品が含まれます。

:

  • 揚げ物(フライドチキン、フライドポテト、ポテトチップス)
  • 高脂肪乳製品(牛乳、バター、チーズ、アイスクリーム)
  • 脂肪肉(牛肉、豚肉)
  • 加工肉(ベーコン、ハム、ソーセージ)
  • アルコール
  • クリーミーなソースと豊かなドレッシング(チーズソース、マヨネーズ、クリーミーなサラダドレッシング)
  • ラードまたは油

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。