耳鳴りの原因

最も一般的には、耳鳴りはノイズへの暴露によって引き起こされます。 特別な保護具を使用せずに何年も騒がしい環境で作業すると、耳鳴りや難聴を発症するリスクが高まります。
レジャー活動はまた、耳鳴りを引き起こす可能性があります。 これは、チェーンソーや楽器にMP3プレーヤーの広範な使用から何かが含まれています。 高齢のロックスターは、通常、聴覚保護なしで巨大なスピーカーの前で何年も過ごした後、耳鳴りに苦しんでいます。あなたは耳鳴りを持っていますか?

あなたは耳鳴りを持っていますか?あなたの耳鳴りはどのように聞こえますか?

あなたの耳鳴りはどのように聞こえますか?

それは私たちの例のようなものですか? またはそれは異なって聞こえるか。 耳鳴りの私達の例に耳を傾けなさい。

コンサートの観客は、高い騒音レベルにさらされても危険ゾーンにいます。 コンサートに出席したり、他の騒々しい活動に参加するときは、常に耳栓を使用することをお勧めします。
また、銃器を使用する人はリスクが高い。
誰もが過度のまたは大きな音にさらされた後、彼/彼女の耳に鳴って苦しむことができます。 これが起こるときより静かな環境を追求するか、またはヒアリングの保護を身に着けていることは勧められます。

聴覚保護を使用してください

耳栓や他の聴覚保護は、多くの場合、過度の騒音によって引き起こされる耳鳴りを防ぐことができます。 騒音が不快に感じなくても、大きな騒音にさらされたときは、常に聴覚保護を着用する必要があります。 より高い周波数での聴力損失はしばしば無痛であり、最も一般的な結果は耳鳴りである。
また、内耳の有毛細胞への有害な影響は、時間の経過とともに蓄積されることに留意すべきである。 過度の騒音に一定の暴露した後、耳鳴りや難聴を発症するのにかかる時間は少なくなります。
花火やその他の爆発や耳の近くで発射された銃弾など、非常に大きな騒音にさらされた場合でも、難聴や耳鳴りを引き起こす可能性があります。

あなたの聴覚をチェックしてください

耳鳴りが発生した場合、あなたはまた、難聴を持っている可能性があります。 したがって、耳鳴りがある場合は、聴力の専門家によって聴力を確認することをお勧めします。

耳鳴りの他の原因

耳鳴りの他の原因が含まれる場合があります。

  • あなたの頭に吹く
  • アスピリンなどの特定の薬の大用量
  • ストレス
  • 圧縮された耳のワックス
  • 中耳感染
  • 年齢
  • Menièrèの病気
  • 頭部外傷
  • perilymp瘻(内耳の穴、流体が脱出することができます)
  • 腫瘍の特定のタイプ
  • 耳の下の骨に顎を接続する関節の機能不全

多分あなたは自

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。