簡単なヒント:湾曲したテキストを作成する正しい方法|Photoshop Tutorials

記章やレトロなロゴは人気があり、その多くは湾曲したパスに沿ってある種のテキストを持っています。 ほとんどの人は、テキストワープツールを使用しますが、それはテキストを変形してしまいます。 このチュートリアルでは、文字が変形して見える理由と、文字を変形させずに曲線に沿ってテキストを適切に作成する方法を学びます。

湾曲したテキストが変形して見える理由

以下の二つのバッジを見てみましょう-左のものはワープテキストツールで湾曲し、もう一つは湾曲したパス上に作成されました。 一見すると、両者は同じように見えますが、テキストをよく見ると、左画像のテキストが変形していることがわかります(文字の上半分が拡大されます)。

ワープテキストツールを使用しない

まず、ワープテキストツールで湾曲したテキストを作成しないでくださ このツールは、テキストツールを選択しているときにオプションバーで見つけることができ、迅速かつ簡単にすることができますが、結果は素人です。 ワープテキストツールは、テキストを膨らませたり、挟ませたりするなど、テキストの形状をワープするためにのみ使用してください。

適切な方法は、ベクトルパスを作成してから、テキストをパスに追加することです。 私たちはどのようにお見せします。

ステップ1

最初に、ツールバーから楕円ツールを選択します。 あなたが好きな形を選ぶか、あなたのテキストが続く独自のパスを描画するためにペンツール(P)を使用することができます。 私たちのイメージでは、楕円ツールが最も適しています。

ステップ2

photoshopメニューの下にあるオプションバーで、ドロップダウンメニューをクリックし、パスを選択します。

ドキュメントにパスを描画します。 Shiftキーを押しながらドラッグすると、完全な円(または別のシェイプツールを使用している場合は正方形/多角形)を取得できます。

ステップ3

次に、テキストツール(t)に切り替えて、パス上の任意の場所をクリックします。 パスの上にカーソルを置くと、カーソルがテキストカーソルに変わり、その上に曲線が表示されます。

私たちはテキストを持っていますが、それはかなり整列していません。 まず、テキストを中央に配置するには、開始点と停止点を調整します。 パス上では、二つのポイントを見つけることができます。 パス選択ツールに切り替えて、ポイントをドラッグしてテキストの位置を変更します。 カーソルは、2つの矢印が付いたテキストカーソルに変更されます。 ドラッグしているときに、ポイントを完全に中央に配置する場合は、Shiftキーを押したままにすることができます。

ステップ5

テキストパスが大きすぎて、テキストがバッジの中央にないようです。 これを修正するには、変換ツールを使用してパスのサイズを変更できます。 Ctrl/Cmd+Tを押すか、編集に行きます>自由変換。 ShiftキーとAltキーを押しながら、トランスフォームボックスの角のノードを中央に向かってドラッグしてパスを拡大縮小します。 AltキーとShiftキーを押したままにすると、変換が中央から同じアスペクト比で変換されます。 Enterキーを押して変更を適用します。

追加のテキスト設定

パスに沿ってテキストを創造的に作成する方法は次のとおりです。

パスに沿ってテキストを反転

パス選択ツールを選択した状態で、ポイントを図形の中心に向かってドラッグしてテキストを逆にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。