科学についての一般的な誤解I:”科学的証明”

科学の性質と実践についての誤解がたくさんあり、時には尊敬できる練習科学者自身によって 私は以前の投稿でそれらのいくつか(科学者ではなく誤解)を払拭しました(例えば、美しさは見る人の目にあり、美しさは肌の深さだけであり、あなたはそ 残念ながら、科学についての他の多くの誤解があります。

記事は広告の後に続きます

残念ながら、科学についての他の多くの誤解があります。 最も一般的な誤解の1つは、いわゆる「科学的証明」に関係しています。「一般的な信念とは対照的に、科学的証拠のようなものはありません。証明は数学と論理にのみ存在し、科学には存在しません。

証明は数学と論理にのみ存在します。

数学と論理は両方とも閉じた自己完結型の命題システムですが、科学は経験的であり、存在する自然を扱っています。 科学理論の評価の主な基準と基準は証拠であり、証拠ではありません。 他のすべてが等しい(内部論理的一貫性や節約など)、科学者は、証拠が少なく、より悪い証拠がある理論に対して、より良い証拠がある理論を好む。 証明は科学の通貨ではありません。証明には、科学には存在しない2つの特徴があります:それらは最終的なものであり、バイナリです。

証明には、科学には存在しない2つの特徴が 定理が証明されると、それは永遠に真実になり、証明された定理としての地位を脅かすものは将来何もありません(証明に欠陥が発見されない限り)。 エラーの発見とは別に、証明された定理は永遠に、そして常に証明された定理になります。対照的に、すべての科学的知識は暫定的かつ暫定的であり、最終的なものは何もありません。

科学における最終的な証明された知識のようなものはありません。 現在受け入れられている現象の理論は、利用可能なすべての選択肢の中でそれに対する最良の説明です。 受け入れられた理論としてのその地位は、他の理論が利用可能であるかに依存しており、受け入れられた理論に挑戦するかもしれないより良い理論 知識や理論(科学的知識を具現化する)は最終的なものではありません。 ところで、それが科学がとても楽しい理由です。

記事は広告の後に続きます

さらに、妊娠のような証明は二項であり、数学的命題は証明されるか(その場合は定理になる)かどうか(その場合、証明されるまでは推測のままである)のいずれかである。 間には何もありません。 定理は一種の証明された、またはほとんど証明されたものではありません。 これらは証明されていないものと同じです。対照的に、科学理論のそのようなバイナリ評価はありません。

科学理論は絶対的に偽でも絶対的に真実でもありません。 彼らは常に間のどこかにあります。 いくつかの理論は、他の理論よりも優れており、より信頼性が高く、受け入れられています。 他のものよりもいくつかの理論のためのより多くの、より信頼できる、そしてより良い証拠が常にあります。 それは多かれ少なかれの問題であり、どちらか/またはではありません。 例えば、実験的証拠は相関的証拠よりも優れており、信頼性が高いが、前者でさえ理論を証明することはできず、理論とその代替案に対して非常に強力な証拠を提供するだけである。科学的証明のようなものがないという知識は、実際の科学者にハックや志望者から伝える非常に簡単な方法を与えるはずです。

本当の科学者は、そのようなことが存在しないことを知っているので、”科学的証明”という言葉を決して使用しません。 科学の議論で「証明」、「証明」、「証明された」という言葉を使用する人は、本当の科学者ではありません。

記事は広告の後に続きます

進化の創造論者や他の批評家は、進化が「単なる理論」であり、「証明されていない」と指摘したとき、絶対に正しいです。「彼らが言及することを怠っているのは、科学のすべてが単なる理論であり、決して証明されていないということです。 絶対的かつ永遠に真実である素数定理とは異なり、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に可能性は低いが、自然と性的選択による進化の理論は、ある日偽であることが判明する可能性があります。 しかし、その後、再び、それはまた、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に、非常に可能性が低いとはいえ、サルが明日私のお尻から飛ぶことも可能です。 私の判断では、両方のイベントはほぼ同じ可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。