白質病変

5.95.3.3.4脳構造異常

脳萎縮および白質病変は、2型糖尿病の高齢者の研究で頻繁に報告されているが、詳細は患者集団の性質および採用されている神経イメージング技術によって大きく異なる(van Harten et al., 2006).

これまでに最も洗練されたアプローチであるかもしれないものでは、脳MR画像の自動評価は、2型糖尿病は、コミュニティから募集糖尿病と非糖尿病, 2007). 構造変化は、男性よりも女性で有意に(そして予期せず)より顕著であり、より高いHba1C値と高齢と関連していたが、高血圧、糖尿病期間、または高コレステロール血症とは無関係であった。 本質的にこの同じ被験者サンプルからのMRIデータの以前の定性分析はまた、特に情報処理速度と抽象的推論の尺度に関する認知機能の低下が、皮質萎縮, 2006). 次に、皮質萎縮の重症度は、微小および大血管合併症の存在と積極的に関連し、脂質低下薬の使用と否定的に関連していた(Manschot et al., 2007).

同一の神経イメージングおよび神経認知評価パラメータ(Brands et al. ら、2 0 0 6;Manschot e t a l. 2006年)を用いて、年齢(M=61歳)、性別、および推定IQ、有意に大きな皮質萎縮およびより深い白質病変に基づいて、40型2糖尿病被験者と40型1被験者を比較し、0.5から0.66の範囲の効果サイズを有する2型糖尿病患者において発見された(Brands et al.、2007a)。 これを特に注目すべきなのは、グループとして、2型の被験者はより優れた代謝制御を受けており、有意に短い期間糖尿病を患っていたことです(7対 34年)、および臨床的に有意な微小血管疾患(レーザー治療網膜症:8%対38%)の低い率を持っていました。 大血管疾患の発生率が高く、アテローム性動脈硬化症の危険因子(高コレステロール血症、トリグリセリド、高血圧、体格指数が高いなど)が多いため、2型糖尿病患者の脳異常の発症の根底にある病態生理学的過程は、1型糖尿病に関連するものとは質的に異なる可能性があることを示唆している。 彼らの研究はアテローム性動脈硬化の危険因子を強く関与させるが、糖尿病前のやや古い被験者の研究は、グルコースおよび/またはインスリン調節の損 ら、2 0 0 3;den H Eijer e t a l., 2003).

他の研究はまた、糖尿病に関連する脳萎縮の比較的高い率を報告している;これらの率は年齢の増加とともに増加したが、糖尿病の診断は、それらの率に相乗効果ではなく相加的効果を有するように見えた。 一つの初期のMRI研究は、159糖尿病と2566年齢一致した非糖尿病の成人を比較し、糖尿病のサンプル内の萎縮の一貫して高い率を発見したが、グループ間の差の大きさは、年齢帯に関係なく非常に類似していた。 それらの50〜59歳のうち、糖尿病被験者の41%が、非糖尿病対照の18%のみが脳萎縮を示し、第七十年の率は60%対37%であり、第八十年の率は92%対66%であった(Araki et al., 1994). 萎縮を発現する確率はまた、高血圧の診断と関連しており、少なくとも比較的健康な糖尿病患者では、インスリンではなく食事療法または経口薬で治療された患者では、萎縮は明らかに高血圧でもある人に限定されている。 正常血圧の糖尿病患者および高血圧の非糖尿病患者は、重度の皮質萎縮のリスク上昇を示さなかった(Schmidt e t a l., 2004). 他の研究もまた、2型糖尿病患者における高血圧と脳容積との間の関係を見出している(Last et al. しかし、これは必ずしもそうではない(Jongen et al., 2007).

海馬は2型糖尿病の患者にも影響を受けており、実際には、最も初期の糖尿病関連CNS構造変化のいくつかを示す可能性があります。 微小血管合併症の臨床的証拠のない45-70歳(M=59歳)の糖尿病の成人は、年齢に一致した健康なコントロール(5.4対6.2cm3;d=1.4)よりも有意に小さい海馬の容積を持っていたが、それ以外の場合は白質の高張度の数、または前頭または側頭領域内の脳の容積に差はなかった(Gold et al., 2007). これらの糖尿病の被験者は、すべての人が病気の穏やかな形を持っていた(すなわち、インスリンで治療されていなかった)と糖尿病の比較的短い期間(M=6年)、また、海馬体積(r=0.25)と弱く相関していた即時記憶の尺度でより不十分に行われた。 海馬萎縮の最良の生物医学的予測因子は、多変量モデリングにおける分散の33%を説明したHba1Cであり、高血圧も脂質異常症も転帰に影響を与えなかった。

この研究では海馬のみが体積減少を示したため、著者らは、他の最近のほとんどの神経イメージング研究では特異的に評価されていない構造(Akisaki et al. ら,2 0 0 6;Jongen e t a l.,2007;Last et al. ら、2 0 0 7;Manschot e t a l. ら,2 0 0 6;Musen e t a l.,2006)-糖尿病に関連する代謝および血管の変化に対して異常に脆弱である可能性があります。 この可能性は、低血糖のような代謝事象に対する海馬の感受性を示す他のデータと一致しており(Auer、2004)、白質高濃度または他の脳異常の証拠がない比較的若, 2007). 耐糖能障害を有する高齢の非糖尿病性成人の以前の研究では、同様のパターンの結果が認められた(Convit et al. ら、2 0 0 3)、2型糖尿病を有する成人で見られるCNS変化は、主として、インスリン抵抗性およびグルコース調節不全に関連する代謝および微小血管変化、ならびに脳構造へのグルコース輸送の変化の結果であり得る(Convit,2 0 0 5;Kumari e t a l.,2 0 0 4)。, 2000).

その可能性のための追加のサポートは、糖尿病またはインスリン抵抗性を有する高齢者(平均年齢>70歳)における海馬萎縮および神経病理学的変化の存在を実証するいくつかの大規模な集団ベースの研究から来ているが、糖尿病の診断はない。 ロッテルダム研究で追跡された2型糖尿病を有する被験者は、年齢が一致した非糖尿病参加者よりも海馬および扁桃体容積が小さかった(den Heijer et al., 2003). 糖尿病はより多くの血管疾患と関連していたが、萎縮の程度は、微小および大血管疾患またはその危険因子の重症度とは無関係であった。 この研究でインスリン抵抗性の証拠を示した非糖尿病の成人も扁桃体容積が小さいことを示したため、著者らは、これらの構造変化は、少なくとも部分的には、インスリンシグナル伝達経路の機能不全の結果である可能性があると推測した。 彼らのモデルによると、扁桃体は、海馬のような構造よりもインスリン受容体の密度が低いため、特に脆弱である(Schulinghamp et al., 2000).

Honolulu–Asia Aging Studyに登録された糖尿病の高齢者にも有意な海馬萎縮が認められています。 糖尿病患者は、糖尿病を有さない患者と比較して、海馬萎縮のリスクが2倍に増加しただけでなく(Korf et al. また、参加者のサブセットの補助的な剖検研究は、糖尿病とAPOE β4対立遺伝子の存在との間の相乗作用を実証した(Peila e t a l.,2 0 0 6)。, 2002). 両方の条件の関係者は単独でどちらかの条件と比較して海馬のneuriticプラークの高い数、海馬および皮質のより多くのneurofibrillaryもつれ、および脳アミロイドのangiopathyの非常に高い危険がありました。 認知評価はまた、2型糖尿病の診断は、特にAPOE≥4対立遺伝子を有するものにおいて、アルツハイマー病または血管性認知症を発症するリスクを大幅に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。