“痛みなしで平和的に死ぬ。..私はその選択を持っている権利をしたいです!”:アオテアロアニュージーランドのメディアにおける安楽死のdiscursive構造 : Massey University,(Distance),Aotearoa,New Zealand

この論文は、主流のAotearoa New Zealandメディアにおける安楽死の構造と、安楽死のメディア描写が人々が考え、感じ、行動することを可能にしたものを分析し、批判するためのフーコーの理解に基づいています。 この分析には、2018年初頭に公開された45の記事のレビューと、読者のコメントのために公開された6の記事のサブセットへの回答が含まれていました。 分析は、特に西洋的で個別化された「自律性」の概念に関連する支配的な議論の形成を特定した。 安楽死は”正しい”と表現され、将来の痛みや苦しみの恐怖と他の人への依存の恐怖を軽減するために多くの”選択”が必要でした。 安楽死を支持する人々や機関は、英雄や殉教者として描かれ、反対する人々は悪人として描かれました。 終末状態は、メディアにおける正当な安楽死の前提条件ではなかった。 支配的な形成への抵抗は、安楽死を社会にとって危険であり、人々が生活の中で選択肢に公平にアクセスできないときは本当の選択ではないと位置づけた理解に基づいていた。 死と死についての非西洋の理解を考慮することはなく、死についての宗教的および精神的な理解は疎外されていた。 これらの結論は、安楽死の多様な社会文化的理解がメディアに欠けていることを示唆しており、将来の安楽死の法律は、アオテアロアに住む非支配的な文化やグループに有害である可能性があることを示唆している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。