男性がアルコールを飲むほど、前立腺がんのリスクが高くなります

December20,2016

NEW YORK,NY(PRWEB)DECEMBER20,2016

男性の間で異なるアルコール曝露の基準を満たす合計27の研究を分析するシステマティックレビューとメタアナリシスを行う新しい研究は、現在の飲酒者の間でアルコール消費量と前立腺がんのリスクとの間に有意な用量反応関係を見出した。「この研究は、男性のアルコール消費が前立腺癌のリスクを増加させるという継続的な証拠に、より多くの物質と妥当性を追加する」とDr.Samadiは述べた。 “彼の危険の減少についての人に勧めるとき、消費されるアルコールの彼のレベルは演説され、因数分解される必要がある。アルコールは、乳癌、肝臓、食道、喉頭および口腔咽頭および結腸直腸の様々な癌を引き起こす既知の発癌物質である。

アルコールは、乳癌、肝臓、食道、喉頭およ アルコール飲料は、エタノール、アセトアルデヒド、アフラトキシン、カルバメートエチルなどのいくつかの発癌性化合物を含む多成分混合物である。 他の研究は、アルコール消費と前立腺癌との間のリンクを示唆しているが、この現在の研究では、アルコールの摂取量が高いほど、前立腺癌とより多くの男の飲み物との間の関連の重要性が高くなることを初めて示している。

この研究の目的は、消費されるアルコールの異なるレベルに応じて前立腺癌のリスクを測定しようとすることでした。

この研究の目的は、前立腺癌のリスクを測定することでした。 低消費量は1と考えられていた。30-<25g/日、中消費量は25-<45g/日、高消費量は45-<65g/日、高消費量は65+g/日でした。 米国の平均的な飲み物は、アルコールの14グラムを持っています。 結果は、アルコールを棄権した男性と比較して、低消費から高消費までのすべてのレベルが前立腺癌のリスクが有意に高いことを示した。 少量の酒飲みでさえ、アルコールを摂取しない男性と比較して、前立腺癌の罹患率または死亡率の相対リスクが有意に高かった。

“前立腺癌は、世界中の男性で二番目に一般的な癌であり、世界中の男性で癌死の第五最も一般的な原因であるとして、結果が懸念されている、”博士Samadi 「前立腺がんには、年齢、家族歴、人種、民族などの他の危険因子がありますが、アルコールを飲むように制御することはできません。”

Samadi博士は、”この研究の結果は、アルコール、健康、前立腺癌に関する継続的な研究の必要性を証明しています。 私の目的は前立腺癌を開発する彼らの危険の減少の彼らの最上の利益にあるものがの人を教育することである。 この研究は人が持つかもしれない他の危険率と共にアルコール消費の私の助言に新しい回転を置くかもしれない。 私たちが確かに知っているのは、飲む男性がアルコールをあきらめるとき、彼らは前立腺癌のリスクを逆転させるだけでなく、他の多くの健康状態も 健康的な生活習慣を採用することは、健康的な生活につながるリスクを低下させる上で大きな違いになります。”

新たに前立腺癌と診断された患者は、無料の電話相談のために212-365-5000で世界的に有名な前立腺癌外科医と泌尿器科腫瘍学者博士デビッドSamadiに連絡す 前立腺癌についての詳細を学ぶためには、訪問して下さいProstateCancer911.com.

0/50評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。