甲状腺乳頭癌における点状エコー原性反射器のSonographic‐病理学的相関

Discussion

psammoma体とPTCとの相関は、PayrとMatinaによって1906年にまでさかのぼると記載されていた。10それらは85.85%から95.00%の特定性の甲状腺剤の敵意の最も特定の特徴の中で、考慮されます。6長いpsammomaボディを表すと考えられて、microcalcificationsは粗い石灰化が石灰化なしで主に固体小節と比較される2倍の増加と関連付けられる一方、癌の危険のおよそ3倍の増加と関連付けられるために報告されます。1さらに、psammomaボディの存在は腫瘍のmultifocality、extrathyroidal延長およびリンパ節metastasisのような積極的な行動のためのマーカーであるかもしれません。3

psammoma体は、calcospherites、microliths、またはconcretionsとも呼ばれ、病理学文献には石灰化構造として記載されており、サイズは約50-70μ mで、特徴的な同心円状の積層外観を有する。10-12彼らの病因は議論の余地があります。13Psammomaボディは壊死のティッシュ、血管内腫瘍の血栓の石灰化、または悪性の乳頭のinfarcted先端で沈殿する石灰化を表すために理論化されました。12,14,15それらはPTC、髄膜腫、卵巣の漿液性癌腫、および中皮過形成のような乳頭状構造を有する腫瘍性および非腫瘍性プロセスにおいて観察される。10,12病理学的に、psammomaボディは位置、ラミネーションおよびnonbirefrigenceに基づいてnonpsammomatous石灰化、inspissatedコロイドおよびシュウ酸塩の水晶から区別することができます。10,11,16具体的には、psammomaボディは上皮細胞によって囲まれる層状の石灰化から成っています;同心のラミネーションのない石灰化は粗いですかジストロフィー p>

0

点状エコー原性フォーカス陽性 点状エコー原性フォーカス陰性
病理学的所見
病理学的所見
病理学的所見
病理学的所見
病理学的所見
病理学的所見
病理学的所見 病理学的所見 病理学的所見 病理学的所見
6(21) 8(26) 14(64) 12(60) 14(64) 14(60) 14(60) 14(64) 14(60) 14(60) 14(60) 14(60) 14(60)
Calcifications present 31 23 (79) 23 (74) 8 (36) 8 (40)
Psammomatous calcifications only 13 9 (31) 9 (29) 4 (18) 4 (20)
Psammomatous + coarse calcifications 6 5 (17) 5 (16) 1 (5) 1 (5)
Coarse calcifications only 12 9 (31) 9 (29) 3 (14) 3 (15)
Colloid absent 0 0 (0) 0 (0) 0 (0) 0

超音波検査によるpsammomatous microcalcificationsの検出に非常に重要性が置かれていますが、psammomaボディはptcの組織学的診断のマイナーな特徴に過ぎません。8組織学的診断は、核の特徴に最も大きく依存し、二次的には建築に依存する。 Psammomaボディは粘着性があるコロイドが濾胞の構造内の同質で、密にeosinophilic材料として現われ、乳頭癌腫の濾胞の変形の特徴である一方、乳頭状の建築の腫瘍 粘着性があるコロイドに、代わりに”バブルガム”のコロイドと言われて、”踏まれ、伸ばされたピンクのバブルガムとして記述されている空気乾燥させた塗抹標本の出現があります。「粘着性のコロイドを特定するために厳格な基準が使用されている場合、それは乳頭癌の特定の特徴であるが、鈍感である:症例の15%未満で見られる。

私たちの結果は、超音波検査で見られる点状エコー原病巣の半分以上が病理学的検査でpsammomatous石灰化と相関しないことを示しています。 リーダー1のために、15の29結節(51%)は、単離された粗い石灰化または石灰化のいずれかを示した。 リーダー2のために、相関はさらに弱かった;リーダー2の評価によって点状エコー原病巣を持つ31例のうち、それらの55%は石灰化または粗い石灰化のみのいずれか さらに、病理学的検査における石灰化の空間分布が記録された44例では、超音波検査で見られる点状エコー原病巣は、それぞれ29.6%および34.1%の読者1およ これらのデータは,超音波検査で見られる点状エコー原性病巣は,常にpsammoma体を表すのではなく,むしろ多くの場合,後方音響シャドウイングなしにコロイドまたは粗い石灰化を表すことを示唆している。 確かに、読者1と2のためにそれぞれ、超音波検査上の点状エコー原病巣の存在は、psammomatous石灰化の存在のために74%敏感であり、46%から53%特異的であった。 点状エコー原病巣は、psammomatous石灰化の存在のために、それぞれ、45%から48%の正の予測値と75%から77%の負の予測値を読者1と2のために持っていた。 フィッシャー正確なテストに基づいて、両方の読者のための2尾のP値は、点状エコー原性病巣‐psammoma体の相関が統計的に有意ではなかったことを示した。

さらに、病理学的検査における癌内の石灰化の空間分布の変動を考えると、超音波検査でそれらを検出する能力、ならびにそれらの形状(例えば、線形、点状、またはシャドウイング)は、トランスデューサ焦点ゾーンの位置、結節内の深さなどの技術的要因に大きく依存する。 たとえば、甲状腺超音波検査に使用される一般的なプリセットでのGE ML6‐15およびL8‐18iプローブの標準ボクセルサイズは、軸方向分解能、0.4mm、横方向分解能、0.7mmです; 正確な解像度は、周波数と焦点ゾーンの深さに応じて多少異なります(M.Bayer,GE Healthcare,written communication,September18,2014)。 ただし、実際のソノグラムのオブジェクトサイズは、モニターと画像表示ソフトウェアの両方に依存し、ボクセルサイズよりも小さいオブジェクトの したがって、サイズが400μ m未満のpsammomatous石灰化、粘着性コロイド、または粗い石灰化のサイズ範囲の構造をイメージングする場合、それらのサイズは、空間分解能のためのこのカットオフ値よりも正確に確認することができず、画像内のエコー原性焦点の存在は後方散乱エコーの強さに依存する。

点状エコー原病巣の病理学的相関に関しては、Muradali et al17による2002年の研究では、シャドウイングのない卵巣の小さなエコー原病巣は必ずしもカルシウムではなく、代わりに診断超音波検査の空間分解能を下回っている微小嚢胞に関連している可能性があることが示されている。 局所的に増加したエコー原性の出現は、小さな嚢胞の前面および背面の壁からの鏡面反射の結果である可能性がある。 小さな嚢胞のこの帰属は、PTCに見られる粘着性コロイドのような非常に細かいコロイド小球の出現に外挿することができた。 Indeed, all of our PTCs contained colloid at pathologic examination.

Sonographic Finding Reader 1 Reader 2
Pathology: no calcifications (n = 20)
No punctate echogenic foci 14 12
Sparse 3 4
Focal 2 3
Diffuse 1 1
Pathology: sparse calcifications (n = 8)
No punctate echogenic foci 1 2
Sparse 1 3
Focal 5 3
Diffuse 1 0
Pathology: focal calcifications (n = 8)
No punctate echogenic foci 0 0
Sparse 1 2
Focal 6 2
Diffuse 1 4
Pathology: diffuse calcifications (n = 8)
No punctate echogenic foci 0 0
Sparse 2 2
Focal 1 0
Diffuse 5 6
Overestimates, n (%) 13 (29.55) 15 (34.09)
Underestimates, n (%) 9 (11.36) 9 (13.64)

最後に、Beland et al4によって提案されたスキーマに基づく点状エコー原病巣の優勢な形態特性の評価は、結節の大部分(93%)が3型または4型の優位性を有することを示した。 主に、私たちのデータセットには悪性結節のみが含まれていたため、病理学的に証明された悪性腫瘍の数が多かった(私たちの研究では51がBeland研究では5)。 我々は、悪性結節がタイプ1(彗星の尾)形態学的外観の優位性を持っていなかったのに対し、5つの結節は、タイプ2、3、または4優位性に関連付けられていた彗星の尾アーティファクトと少なくとも1点状エコー発生焦点を示したことがわかった。 比較的、Belandの研究では、任意のタイプ1彗星尾点状エコー原病巣を持つすべての結節は、単にタイプ1病巣を含んでいた;彼らは他の形態学的タイプの優性の病巣とは関連していなかった。 これらの結果は、これらのパターンはまだほとんどの場合、良性結節で見られ、我々の研究は、良性結節でこれらの病巣を評価するために設計されていないこ 私たちの研究にはいくつかの制限がありました。

まず、症例数が少なかった。 第二に、正確な放射線‐細胞学的相関は、ソノグラムに見られる特定の点状エコー原性焦点が直接病理学的スライドに見られる石灰化またはコロイドに; その代わりに、超音波検査によって結節全体を解釈し、病理学的検査によって全体として解釈している。 さらに、結節は2‐3‐mm幅の組織学的標本に区分される;従って、1‐cm直径の結節のために、3‐5セクションだけ得られるかもしれない。 したがって、超音波検査は病理学的検査よりも結節のよりグローバルな評価を与える可能性があります。 このことは,細胞学的検査における石灰化分布と比較して,超音波検査による点状エコー原性病巣分布の過剰表現に役割を果たす可能性がある。

結論として、我々の結果は、一般的に微小石灰化と呼ばれる発見が排他的にpsammoma体の超音波表現ではないという概念をサポートしています。 むしろ、点状エコー原病巣は、超音波検査の解像度の限界のために効果的に区別することができない、psammoma体、粗い/ジストロフィー石灰化、または粘着性コロイド— このため、これらの画像所見を微小石灰化ではなく「点状エコー原病巣」と呼ぶ方がより正確であろう。 従って超音波検査者はmicrocalcificationsがイメージ投射にあるので乳頭状癌腫がもっぱら明白であることを提案することに警戒するべきです。 それにもかかわらず、点状エコー原病巣は常にpsammomatous石灰化を表すとは限らないかもしれないが、以前の研究が示しているように、彼らはおそらくまだPTCの存在

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。