狂牛病は細菌によって引き起こされますか?

伝染性海綿状脳症(TSE’s)には、ウシ海綿状脳症(bseまたは”狂牛病”とも呼ばれる)、ヒトのクロイツフェルト-ヤコブ病(CJD)、ヒツジのスクレイピーが含まれる。 彼らは謎のままで、彼らの原因は熱く議論されています。 しかし、1994年から1996年の間に、イギリスの12人が狂牛病の人間の形であるCJDを持って来て、すべてが疑わしい牛から牛肉を食べていました。 現在の狂牛病の診断は、何らかの形で病気を引き起こすと主張されている仮説のある、遺伝子のない、誤った折り畳まれたタンパク質の頭字語である、後期に現れる”プリオン”の検出にのみある。 まだプリオンの実験室の準備は、未確認の細菌やウイルスを含むことができる他のものが含まれています。 さらに、プリオン精製だけの厳しさは、原因となるウイルスまたは細菌を殺した可能性があります。 したがって、サンプルが動物に感染しているように見えても、プリオンが原因であることを証明することは不可能です。 その後、Lasmezasの研究では、牛BSEを注射したマウスの55%が病気にかかったマウスでは、検出可能なプリオンがないことが示されました。 それでも、信じられないほど、プリオンは既存のTSEの教義として保持されており、その性質について先駆的な仕事をしたHeino Dringerは、「プリオンの概念が間違っていることが判明するだろう」と率直に予測しています。”海綿状のTSEで死ぬ多くの動物は、ミスフォールドされたタンパク質の証拠を示すことはありません、と博士。 権威のあるTulaneのFrank Bastianは、この障害はこの病気のグループで見つけた細菌DNAによって引き起こされると考えています。 最近、RoelsとWalravensは、狂牛病の臨床的および病理組織学的徴候を有する牛の脳からMycobacterium bovisを単離した。 さらに、英国におけるBSEの起源とピーク発生率の疫学的地図は、英国の狂牛病の流行が始まった南西部の英国の最も高いウシ結核の地域のものと示唆 牛結核のための神経毒性の可能性は、すべての結核性髄膜炎の犠牲者の四分の一がmycobacterium bovis感染に苦しんでいた1960年以前のイギリスで示されました。 ハーレーの研究では、牛の全身性m.bovisの”狂牛病”と同一の病理が示され、結核性海綿状脳炎を引き起こした。 M.bovisに加えて、Mycobacterium avium亜種のparatuberculosis(鳥の結核)は、ほぼ一世紀のために牛や羊で知られ、無視され、急速に新しい千年紀の病気として浮上する問題であるJohne病を引き起こ Mしか持っていません。 ヒトCrohn病では傍結核が認められたが,CrohnとJohneの両方が牛傍結核の抗原と交差反応した。 さらに、クローン病の中枢神経学的症状は不明ではない。 牛のような結核および血頭脳の障壁の突き通る、ウイルスそっくりの、細胞壁不十分な形態より狂牛病および海綿状のenchephalopathiesで起こっているものによく合う知られていた病気がありません。 これらの理由から、将来の研究はこの方向に向けられる必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。