大容量膀胱の病態生理

目的:大容量膀胱を有する患者の病態生理、鑑別診断および尿力学的所見について説明する。

材料および方法:これは、排尿機能障害を有する100人の連続した患者および膀胱測定膀胱容量が700mlを超えるレトロスペクティブな観察研究であった。 臨床データ,ぼうこう容量および他の尿力学的所見を評価した。 ぼうこう出口閉塞と排尿筋収縮障害は,男性ではSchaeferノモグラム,女性ではBlaivas-Groutzノモグラムによって定義された。

結果:合計56人の男性と44人の女性36-97歳(中央値75、平均71.2)の膀胱容量700-5,013ml(中央値931、平均1,091)を研究した。 主要な病態生理学的診断は、症例の48%で膀胱出口閉塞、11%で排尿筋収縮性の障害、24%で排尿筋収縮性の不在、17%で正常排尿筋圧/uroflow研究であった。 膀胱出口閉塞は、患者の34%の解剖学的閉塞に起因していた、11%の排尿機能障害と3%の排尿筋-外括約筋dyssynergiaを取得しました。 排尿筋収縮を有する患者では、最初の収縮は1,000mlの中央値で起こった(平均1,154、範囲86から5,000)。 男性の関連診断には、良性前立腺肥大が52%、神経疾患が14%であり、女性では骨盤臓器脱出が27%、ストレス失禁が18%、神経疾患が9%であった。

結論: 大容量のぼうこうの病因学はmultifactorialであり、頻繁に可能性としては治療可能な根本的な状態はあります。 大容量の膀胱は、膀胱出口閉塞、排尿筋収縮の障害または不在、または正常な排尿筋圧/尿流検査を伴うことがある。 排尿筋収縮が存在する場合、それらは通常、大きな膀胱容積でのみ起こる。 したがって、膀胱測定中には、容量が達成されるまで膀胱を満たすことが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。