多結節性橋本甲状腺炎における抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体は、変異病因を示す

Abstract

Introduction。 橋本甲状腺炎(HT)は、主に拡散性甲状腺腫として提示する一般的な自己免疫性甲状腺疾患であり、htが多結節性甲状腺腫として提示する研究はほとんどなく、59%から78.6%までの可変頻度で、特に南インドの集団から報告されている。 この変異型の臨床的提示は、さらなる分析を必要とする診断上の課題を有する可能性がある。 抗TPO抗体は、橋本甲状腺炎における抗TG抗体よりも橋本甲状腺炎においてより一般的である(90〜95%)。 本研究では、臨床的特徴および抗TPOレベルとhtのびまん性および多結節性形態との相関を分析する。 材料および方法。 この研究は、南タミル-ナードゥ州の三次医療病院の一般外科部門で行われました。 甲状腺疾患の臨床的特徴を示す患者にインタビューし、詳細な臨床、放射線学的検査およびガイド付きFNACを与えた。 HTとしてFNACによって診断されたそれらの患者は登録され、血液の3ccのサンプルは、T3、T4、TSH、および抗TPO分析のために描かれました。 すべてのデータを集計した。 結果と議論。 甲状腺腫を提示した212人の患者のうち、96人はFnacによって橋本甲状腺炎を示唆する細胞学的画像を有すると診断された。 これらの96人のht患者のうち、46(47.9%)は多結節(HT-MNG)であり、14(14.58%)は孤立性結節(HT-SNT)であり、残りの36(37.5%)はびまん性甲状腺腫(HT-D)であった。 HT-MNGである46人の患者のうち、36.9%が抗TPO-Ab(35.0U/l以上)と63を上昇させていた。1%は正常/低い値(35.0U/l未満)を有していた。 しかし、HT-Dを有する36人の患者のうち、77.7%が抗TPO-Abレベルを上昇させた(>35U/l)。 カイ二乗統計は15.8346であり、p値は0.0005です(<。05). HT-Dの3例とHT-MNGの3例は甲状腺機能亢進症を有し、HT-Dの3例は甲状腺機能低下症を有し、他のすべての例は甲状腺機能低下症状態であった。 結論。 多結節性橋本甲状腺炎として提示された患者は、びまん性HTよりも抗TPO-Abの上昇の有病率が低いことから、橋本甲状腺炎の多結節性形態は、びまん性形態と

1. 背景

橋本甲状腺炎(HT)は、胚中心の形成、Hurthle細胞の変化、濾胞上皮細胞の萎縮、および甲状腺実質の漸進的な線維性置換を伴う甲状腺の濾胞リンパ球浸潤 HTは主にびまん性甲状腺腫として提示され,多結節性甲状腺腫としての提示の報告はほとんどない。 これらの多結節性HT患者は、特に南インドの人口から59%から78.6%の範囲の可変周波数で報告されています。 この変異型の臨床的提示は、さらなる分析を必要とする診断上の課題を有する可能性がある。

HTにおける甲状腺細胞の破壊は、甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO)およびサイログロブリン(Tg)に対する甲状腺自己抗体(TAbs)を含む様々な細胞および抗体媒介免疫 抗TPO抗体は、抗Tg抗体よりも一般的であり、より甲状腺疾患を示すものであり、AITD患者の9 0〜9 5%、GDの8 0%、および非AITD患者の1 0〜1 5%において検出される。 抗TPO抗体はHTの甲状腺細胞に細胞傷害性に作用するかもしれないが、GDにおいて確立された役割を持たない。 アッセイの感度が異なるため、正確な値を直接比較することはできませんが、ほとんどの実験室によると、抗TPOの>35U/lの範囲は、HTの診断 様々な研究では、びまん性甲状腺腫の形で橋本甲状腺炎の高発生(61%)が報告され、これらの患者の93%が抗TPO陽性であった。 多結節型のHTに関する同様の研究は疎であり、したがってその病因形成を文書化する必要がある。 本研究では、臨床的特徴および抗TPOレベルとhtのびまん性および多結節性形態との相関を分析する。

2. 方法論

この研究は、制度倫理委員会の許可を得た後、南タミル-ナードゥ州の三次医療病院の一般外科部門で実施されました。 目に見える甲状腺の拡大または甲状腺障害を示す臨床的特徴を有する外来患者にインタビューし、詳細な臨床検査を行い、その後、超音波検査、甲状腺ホルモンの生化学的検査、および誘導針吸引細胞診(FNAC)による放射線検査が続いた。 Oxyphilic(Hurthle)細胞,リンパ球,形質細胞の数が少なく,バックグラウンドに中等度から少量のコロイドが存在することから,Fnacにより橋本甲状腺炎と診断された。

FNACによってHTと診断されたこれらの患者を登録し、化学発光イムノアッセイ(Beckman&Coulter Inc.)書面によるインフォームドコンセントを取得した後、Access IIキットおよび校正器を使用する。 これらの患者は、標準的なプロトコルに従って医療および外科的管理を処方され、指示されたときに甲状腺切除術が行われた。 病理組織学的検査のために甲状腺切除標本を送り,組織学的に橋本甲状腺炎と診断された患者のみを最終的な分析のために含めた。

HTの組織学的診断を受けた患者は、臨床的および放射線学的証拠に基づいて、びまん性甲状腺腫(HT-D)、甲状腺の孤立性結節(HT-SNT)、または多結節性甲状腺腫(ht-MNG) 構造化された形式は、臨床歴、現在および過去の罹患率、および血清T3、T4、TSH、および抗TPO抗体を含む社会経済的、人口統計学的、臨床的、放射線学的、細胞病理学的、お 結果を表にし、カイ二乗検定を用いて分析した。

3. 結果

甲状腺腫を提示した212人の患者のうち、96人はFnacによって橋本甲状腺炎を示唆する細胞学的画像を有すると診断された。 これらの96人の患者のうち、91はhemi/甲状腺亜全摘術による外科的管理を受けた。 すべてのこれらの91人の患者の組織サンプルは、反応性胚中心と濾胞上皮細胞のHurthle細胞の変化を形成する緻密なリンパ球浸潤を含むhtの確認組織学 これらの96人のht患者のうち、46(47.9%)は多結節(HT-MNG)であり、14(14.58%)は孤立性結節(HT-SNT)であり、残りの36(37.5%)はびまん性甲状腺腫(HT-D)であった。

T3、T4、TSH、および抗TPO抗体のアッセイを臨床情報と共に表にした。 HT-MNGである46人の患者のうち、17人は抗TPO-Abを上昇させていた(35人以上。HT-D患者36人のうち、28人は抗TPO-Abレベル>35U/lを有し、8人の患者は抗TPO-Abレベル<35U/lを有していた(表1)。 カイ二乗統計は15.8346であり、p値は0.0005です(<。05). HT-Dの3例とHT-MNGの3例は甲状腺機能亢進症を有し、HT-Dの3例は甲状腺機能低下症を有し、他のすべての例は甲状腺機能低下症状態であった。

No Parameter HT-D HT-SN HT-MN Total
1 No. of Patients (Percentage) 36(37.5) 14(14.58) 46(47.92) 96
2 Mean Age in years 41.6 44 43 42.87
3 Gender Male 1 1 0 2
Female 35 13 46 94
4 Presenting Features Goitre 35 14 46 96
Hypothyroidism 0 0 0 0
Hyperthyroidism 1 0 0 1
5 Biochemical Tests
Serum T3 High 8 0 3 11
(Ref Range: 60-200 ng/ml) Normal 25 14 43 82
Low 3 0 0 3
Serum T4 High 8 0 3 11
(Ref Range: 4.5–12ug/ml) Normal 25 14 43 82
Low 3 0 0 3
Serum TSH High 3 0 0 3
(Ref Range: 0.3-5 uIU/ml) Normal 25 14 43 82
Low 8 0 3 11
Serum Anti-TPOAb <35 8 10 29 47
(Ref Range: 0.25-35 U/l) 36-200 4 0 6 10
201-500 5 2 3 10
501-976 8 2 4 14
>976 11 0 4 15
Note. HT: Hashimoto’s thyroiditis, HT-D: diffuse type, HT-SN: solitary nodular type, and HT-MN: multinodular type.
表1
htの分布と甲状腺ホルモンの状態と抗TPO Abとの関係。

4. 議論

橋本病は複雑な自己免疫疾患であり、高齢女性の間でより一般的であり、ヨウ素十分(例えば、米国)またはヨウ素過剰(例えば、日本)である地理的 甲状腺ペルオキシダーゼは、甲状腺ホルモンの合成に関与する甲状腺濾胞細胞の頂端膜に位置する膜貫通タンパク質である。 甲状腺ミクロソーム抗体、すなわち抗TPO抗体は、甲状腺ペルオキシダーゼを標的とする甲状腺自己抗体であり、Grave病と橋本甲状腺炎の両方の診断と考えられているが、橋本甲状腺炎では約90%の患者で抗TPO抗体が報告されている。

南タミル-ナードゥ州で実施された私たちの研究では、橋本甲状腺炎の患者の47.9%が多結節性甲状腺を有していたが、14.5%が孤立性結節であり、37.5%がびまん性形態であったことが観察された。 びまん性甲状腺肥大を有するHT患者のうち、77。多結節性甲状腺腫を有する患者の36.9%が抗TPO-Abの力価を上昇させ、63%が抗TPO-Abの力価を低下させたが、7%が抗TPO-Abの力価を上昇させた。 しかし,htの多結節型およびびまん性形態の組織学的パターンは異ならなかった。

南インドから報告された二つの研究、Tina Thomas et al。 (2014)は、橋本甲状腺炎の61%がびまん性甲状腺腫として提示され、そのうちの93%が抗TPO-Ab陽性であることを報告し、Anila KR(2016)は、正常なTSHおよび高い抗TPOレベルに関連して、疾患の進行の早い段階で結節型のHTが見られ、後に主にびまん性になったことを報告した。 シリッシュS.C et al. (2014)は、患者の67.30%がびまん性甲状腺腫を有し、30.76%が不均一な拡大を有し、1.92%が孤立性結節を有し、血清抗TPO-Abが61.52%の患者で上昇したことを報告した。 これらの研究は,結節型のHTが抗TPO-A bの高力価の発生率が高いことと関連していることを観察したが,逆に患者では少なかったことを観察した。 また、橋本甲状腺炎患者の3年間(2013-2015)の臨床データの分析を報告しており、この地域における真甲状腺状態を有する多結節性HTの優位性を西洋文献との差異で示している。

ルーチンでは、橋本甲状腺炎は、抗TPO-Abのレベルの上昇とTSHの高レベルによって診断され、レボチロキシンで治療され、多くの研究は、レボチロキシン治療中に抗TPO-Abの血清レベルが低下することを示している。 しかし、抗TPO-Abの力価が低い多結節型のHT患者では、確立された保守的な治療ラインは効果がない。

いくつかの集団ベースの研究は、ヨウ素消費が高い地域、すなわち、ヨウ素十分な地域で18%、過剰なヨウ素摂取地域で25%、ヨウ素欠乏地域で約13%であった抗TPO抗体の有病率が高いことを報告している。 ヨウ素欠乏領域におけるヨウ素予防に起因するより高いヨウ素レベルへの曝露後の抗TPO陽性HTのほぼ四倍の増加の報告がある。 Katja Zaletel et al. (2011)は、500μ gのヨウ素への意図的な曝露が、以前に健康な個体の20%において甲状腺自己免疫合成を誘発したことを報告している。 デンマークで実施された研究では、塩の必須ヨウ素化前後のTPO-Abの有病率はそれぞれ14.3%および23.8%であったことも報告されている。 自己免疫性甲状腺疾患の家族性クラスタリングおよび患者の第一度親戚の16.7%〜60%における抗TPO-Abの存在は、いくつかの研究によって報告されている。 HT患者の第一度親戚の間では、34%が関連していない人の間で13%と比較して抗TPO-Ab陽性であることが示された。 NHANES III研究からのデータに基づいて計算されたHTの兄弟リスク比は28であり、疾患発症における遺伝的要因の有意な相互作用を確認した。 しかし、橋本甲状腺炎では、臨床的に明らかな疾患および血清抗TPO-Ab陰性で報告されている患者(10%)の小さなサブセットが報告されている。

この研究は、橋本甲状腺炎の多結節型は、びまん性形態との差異があり、代謝および環境要因の遺伝的変異および差異が考えられる病因を有する独特の臨床的実体であることを示唆している。 私たちのサンプルサイズが小さいので、特定の病因を持つユニークな臨床エンティティとして多結節HTの前置詞は、さらなる研究を必要とします。

5. 結論

橋本甲状腺炎の多結節型は、htのびまん性形態に起因する確立された病因とは異なる、可能な特定の病因および病因を有するユニークな臨床

データの可用性

この研究の調査結果をサポートするために使用されるデータは、要求に応じて対応する著者から入手可能です。

開示

著者だけがこの記事の内容と文章を担当しています。

利益相反

著者らは利益相反を報告していません。

謝辞

私たちは、多分野研究ユニット、Tirunelveli医科大学、Tirunelveliの下で、このプロジェクトのためのサポートと資金調達のために、インド政府の健康研究省を認

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。