偽の主張:重曹とレモン汁は、コロナウイルス感染を防ぐのに役立ちます

ロイターのスタッフによる

5分読む

ソーシャルメディア上のポストは、重炭酸ナトリウムとレモン汁を飲むことは、体の酸性度とCOVID-19に感染するリスクを減らすことを示唆しています。 この投稿は、「コロナウイルスが酸性細胞を介して体内で変異して増殖する」とも主張しており、3月6、2020の時点でFacebook上で34株を超えています。 例はここで見ることができます。

ロイターは、重炭酸ナトリウム(重曹)またはレモンの消費がCOVID-19感染を防ぐのに役立つことを示唆する証拠を見つけることができませんでした。 世界保健機関(WHO)によると、新しいコロナウイルスのための特定の治療法はまだありません。 「COVID-19には特定の治療法はなく、治療は臨床的提示に基づいています。 ほとんどの症例は軽度で自己制限的であり、症状的に治療されている”とWHOの広報担当者はロイター通信に語った。

完全な主張は次のようになります。

:&&&&私たちは、ソーダの重炭酸塩は、体内の酸細胞を減少させることを知っているので、酸細胞の自分自身をクリアするために、水の混合物を少量飲む&&ちょうどあなたの酸細胞を最低レベルに保つためにあなたの水ディスペンサーか飲 気をつけて

レモン自体の別の代替レモン汁のために酸細胞を減らすことができます。 あなたが知っているので、それはあなたがそれについて話す次の人に伝えるためにあなたの義務です。この誤った主張は、「アルカリ化」食事が癌を予防するのに役立つというオンラインで共有された理論から急増した可能性があります。

-DeCactus”

-DeCactus”

この理論は、癌細胞がアルカリ性の食事が病気を予防するのに役立つことを意味する、非常に酸性の環境で繁栄するという考えに基づいています。 この理論は癌研究のためのアメリカの協会のような分野の専門家によって否定された。 同研究所は、「癌細胞が酸性環境で繁栄することを発見した研究は、実験室の環境で行われました。私たちの体に酸性の低い環境を作り出すために細胞環境を変えることはほぼ不可能です。

例えば、胃は適切な消化のために非常に酸性であるので、我々はそれをよりアルカリ性にしたくないでしょう。”彼らは、健康的な野菜や果物の豊富な食事が癌治療を助けることができることに言及するのではなく、アルカリ食品であるのではなく、ビタミンやミ

テキサス大学MD Anderson Cancer Centerは、アルカリ食は健康的な食事を強化することができますが、食事の変更は人体の酸性度を変化させないと指摘しています。 「もっと重要なのは、あなたが消費する食品があなたの血液のpHレベルを変えることができる方法はありません。 体のpHはしっかりと調節されています。 あなたの食事療法を変えればこれらが廃棄物であるが、あなたの血に影響を与えること十分なアルカリ食糧を食べることができる方法がないの”

その健康サイト上のカリフォルニア州サンディエゴ株式の大学:”再び、アルカリダイエットは、がんを予防するために推奨食べるのパターンである、主に果物や野菜を消費することをお勧めします。 しかし、これらの推奨事項は、食品の酸性度やアルカリ性ではなく、これらの食品がビタミン、ミネラル、植物栄養素、繊維が豊富であるという事実に基新型コロナウイルスから身を守るために、WHOは、人々が頻繁に手を洗い、くしゃみや咳をするときに口と鼻を覆い、病気の人との密接な接触を避けることを (ここでは一般の人々のためのWHOのアドバイスと、ここではCovid-19から保護する方法についてのロイターのビデオを参照してください)。重炭酸ナトリウムとレモン汁を飲むことが新型コロナウイルスの予防に役立つ可能性があるという医学的証拠は公表されていません。

WHOによると、COVID-19の特定の治療法はありません。 専門家は、食事の変化が人体の酸性度に影響を与えないことを確認しています。

評決

偽:ソーダやレモン汁の重炭酸塩を飲んでも体の酸性度を低下させず、COVID-19から保護するのにも役立ちません

私たちの基準:Thomson Reuters Trust Principles。p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。