個人サービス事業(PSB)

中小企業
用語集->個人サービス事業
所得税法s.125(7),s.123。4(1)

個人サービス事業PSBとは、法人に代わってサービスを行う個人(”法人従業員”)、または法人従業員に関連する個人

  • 法人の特定株主であり、他の事業体/雇用者関係” ただし、年間を通じて5人以上のフルタイムの従業員を雇用している場合は、個人サービス事業を行っているとはみなされません。

    サービスを実行する個人が請負業者であり、従業員ではないとみなされる場合、企業はPSBとはみなされません。

    サービスを実行する個人が請負業者 自営業の建築業者対従業員の私達の記事を見なさい。

    2015年の税務裁判所のケースでC.J.マッカーティ株式会社。 v. クイーン、クライアントにプロジェクト管理サービスを提供していた企業は、個人的なサービス事業としてではなく、独立した請負業者としてこれらのサービ

    2004年の税務裁判所のケースで758997アルバータ株式会社。 v.女王、配置代理店を通じてクライアントにサービスを提供していた企業は、PSBであることが判明しました。

    パーソナルサービス事業-控除が制限されています

    所得税法のS.18(1)(p)は、法人のパーソナルサービス事業の費用の控除を以下の許容控除に制限し:

    1. 法人の法人従業員に年間に支払われた給与、賃金またはその他の報酬
    2. 法人従業員に提供される給付または手当の費用
    3. 法人による財それに 提供されるサービスのアカウント

    上記の金額は、個人サービス事業以外の事業によって控除される場合にのみ、個人サービス事業によって控除され

    パーソナルサービス事業法人税率

    パーソナルサービス事業は、中小企業控除の対象とならないため、完全な法人税率で税金を支払います。 2011年10月31日以降に開始される課税年度については、PSBも一般税率の引き下げの対象とはならず、連邦法人税率は28%になります。 オンタリオ州の2014年の総税率は39になります。5%、BCでは39%。 2016年の連邦予算では、個人サービス事業の連邦法人税率が28%から33%に引き上げられ、2016年以降の課税年度に有効となりました。 法人課税年度が2015年と2016年にまたがる場合、税率の引き上げは、2015年以降の日数に応じて日割り計算されます。

    個人的なサービス事業の所有者は、利益が法人に残されるべきか、またはすべてが給与/ボーナスとして支払われるべきかどうかを判断するために、いく 私たちのカナダの税計算機は、さまざまなシナリオの下で個人税の計算を行うことができます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。