モニターテスト

このテストを使用すると、ディスプレイのプロパティを確認することができます。 これにはJavaScriptが必要です。 フルスクリーンボタンが有効になっていない場合、ブラウザはこの機能をサポートしていません。 随時、テストは追加のテストパターンによって拡張されます。

(ここにテスト画像が表示されていない場合、JavaScriptはおそらく無効になっています。)

テスト画像の説明

正しい評価のためには、テストは常にフルスクリーンモードで使用する必要があります。

幾何学的なテストパターン

幾何学的なテストパターンを使用すると、画面の解像度とシャープネスを確認することができます。 パターンは白に黒と黒に白で表示されます。p>

黒い表面

黒い表面を使用すると、”バックライトの出血”と”IPSグロー”を確認することができます。

“バックライトの出血”は、バックライトがエッジで不均一に放射することを意味します。 この効果がどの程度深刻であるかに応じて、これは欠陥とみなすこともできます。

“IPS glow”は、技術的な理由からIPSパネルを搭載した画面で頻繁に発生する効果です。 角度によってはわずかに明るくなります。 A-TWの分極のフィルムが使用されれば、この軽減は1つの側面に緑がかったおよび他に赤味がかっているように見るかもしれません。

グレーと白の表面

グレーと白の表面を使用すると、均一な照明と色純度を確認することができます。

赤、緑、青、ハーフトーン

カラーサーフェスは純粋な原色で構成され、ピクセルエラーを見つけるために使用できます。 他の2つのサーフェスには、すべてのピクセルが白と黒で交互に配置されたハーフトーンラスターが含まれています。 個々のサブピクセルに欠陥がある場合、それらは表面のいずれかに暗いまたは明るいスポットとして表示されます。重要:ピクセルエラーが表示された場合は、ほこりだけではないかどうかも確認する必要があります!

視野角のテスト

紫色の表面は、視野角に応じて表示が変化するかどうかを確認するために使用することができます。 TNパネルのある画面では、表面はまっすぐな角度で見ても均一ではないことがよくありますが、上から下に変化する色相で表示されます。

第二の表面には、灰色の背景とピンクとライトグリーンのストライプで作られた特別な”+”記号が含まれています。 TNパネルのある画面では、通常、ここでは均一なパターンは表示されませんが、”+”記号は灰色の領域の上下方向に消え、これも均一に表示されません。

グレーと色のグラデーション

グレーと色のグラデーションを異なる方向に使用すると、色の深さを確認できます。 カラーチャンネルごとに6ビットのみを表示するデバイスは、均一な勾配ではなく、むしろ明確に見えるステップを示 場合によっては、コントラストを50%に設定するのに役立ちます。p>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。