メランコリック患者と健康なコントロールの日中の気分変動

要約

30メランコリック患者と21の健康なコントロールでは、日中の気分変動は、3日連続して7.30a.m.、11.30a.m.、3.30p.m.および7.30p.m.で調査された毎日のコースは、変動なしまたはいわゆる典型的な変動(朝の低、午後/夕方の高)は、両方のサンプルで同じ周波数で発生しました。 概日気分の変化は、抑うつ患者および健康な対照の両方において、実質的に相互および個人内で変化する。 しかし、コントロールは、患者よりも頻繁に短い(ultradian)気分変動を報告しました。 半構造インタビューを使用して、日中の気分の変化の主観的な経験を比較した:メランコリック患者では、気分の変化は、すべてのケースの半分以上で自 メランコリック患者の”典型的な”日内変動は、その頻度のためではなく、患者が影響を受けないように概日気分のリズムを経験するため、以前の精神病理学的文献で強調されているかどうかを議論した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。