エーザイ、プロトンポンプ阻害剤パリエット®錠5MGを日本で発売

エーザイ株式会社 (株)エヌ-ティ-ティ エーザイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:内藤晴夫、以下エーザイ)は、プロトンポンプ阻害剤パリエット®錠5mg(ラベプラゾールナトリウム)を2月26日に日本で発売すると発表しました。 新しい5mg錠剤は、December26,2014に厚生労働省によって承認され、February24,2015に国民健康保険薬価表に上場されました。

Parietは、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎などの消化器疾患の治療薬として日本で販売されており、現在は10mg、20mgの錠剤、ヘリコバクター-ピロリ除菌のためのトリプル製剤の組み合わせパック”Rabecure®パック”、”Rabefine®パック”として販売されている。 Pariet錠5mgは、既存のすべてのプロトンポンプ阻害剤の中で最小の錠剤であり、低用量のアスピリン療法によって引き起こされる再発性胃潰瘍または十二指腸潰瘍の予防の追加の適応症のために特別に開発された。 この新しい適応は、2014年に承認され、4年間の再審査期間がありました。

近年、日本の人口の高齢化により、心臓や脳の血栓イベントの再発を防ぐために、長期の低用量アスピリン療法を必要とする患者が増加しています。 低用量アスピリン投与は消化管出血や消化性潰瘍を発症するリスクと関連しているため、心血管および脳血管事象を予防するために患者が治療を継続できるようにこのようなリスクを管理することが重要である。

エーザイは、パリエット錠5mgの発売により、低用量アスピリン療法を行う患者の再発性消化性潰瘍の予防に貢献するとともに、酸関連疾患の治療選択肢の範囲にさらに貢献するために、本剤の臨床価値を高めることを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。